Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>CHAMPAGNE>Denis Frézier

Denis Frézier
ドニ・フレジエ

CHAMPAGNE RM Selection

 フレジエ家は、エペルネ市の5km南、「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」最南東部のモンテロン村に1823年より続くぶどう栽培家です。この村は東側の「コート・デ・ブラン」との境界近くに位置しており、同家の所有畑も「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」側のオーヴィエ、モンテロン、シャヴォ・クルクール、マンシー、「コート・デ・ブラン」側のグローヴ、クラマンにまたがっています。
 早1935年よりRMとして自社ビン詰めを行ってきましたが、2003年に継承した7代目セバスチャン・フレジエによって、大いなる飛躍を遂げました。栽培においては、2016年にHVE(Haute Valeur Environnementale)の最高段階「レベル3」および「Viticulture Durable en Champagne」の認証を取得して最高度のリュット・レゾネを確立した後、2020年よりビオロジック栽培を実践。醸造においては最新鋭のプレス機やステンレスタンクに刷新した他、新たに導入した樽醸造においても、シャンパーニュ製205リットルの樽とブルゴーニュ製228リットルの樽をきめ細かく組み合わせるといった高度な手法を採用しています。
 「幼い頃からパズルやボードゲームを愛好してきた影響でしょうか、私は、複数のものを組み合わせて最高のものを作り上げることに無上の喜びを感じます。6つの村の畑は区画ごとにテロワールが大きく異なっていますが、まずはそれぞれのテロワールの特性をきちんとぶどうに反映させることが大前提だと考え、厳格なリュット・レゾネそしてビオロジック栽培を開始しました。それにぶどう品種の個性や、醸造の各段階における細かな違いが加わると、組み合わせは何万通りにもなります。その中から、「ただひとつの完全なる調和」を見つけ出すのが私の仕事です。そしてその調和の中でこそ、細やかな泡の一粒一粒が、光り輝きます」。
 名彫刻家による歴史的傑作すら想起させる、凄まじい完成度です。まずは双頭の旗艦作品、「テロワール・ノワール」と「テロワール・ブラン」からご紹介します。

TECHNICAL NOTES

所在村
Monthelon
醸造家
Sébastien Frézier
所有畑面積
6.6ha
ドメーヌ継承年
2003年
栽培における特記事項
2016年にHVE(Haute Valeur Environnementale)の最高段階「レベル3」および「Viticulture Durable en Champagne」の認証を取得。2020年よりビオロジック栽培。2023年に「ECOCERT」の認証取得予定
醸造における特記事項
除梗100%。205リットルと228リットルの樽を使用。ドザージュはMCR(濃縮果汁)を使用
販売先
フランス国内60%(ワインショップ、個人のシャンパン愛好家)、輸出40%(EU各国、東欧諸国、オーストラリア等)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「Decanter」等

PRODUCTS

Terroir Noir
テロワール・ノワール

モンテロン、マンシー、シャヴォ・クルクール産のピノ・ムニエ60%、ピノ・ノワール40%のブレンドによるブラン・ド・ノワール。平均樹齢40年のVV。90%をステンレスタンクで、10%を205リットルと228リットルの樽で発酵後7カ月間熟成。3年間以上ビン熟成。MCRによるドザージュは6.5g/l。年産2000本のみの限定作品です。

Terroir Noir - テロワール・ノワール

Terroir Blanc
テロワール・ブラン

モンテロン、マンシー、シャヴォ・クルクール産のシャルドネ100%によるブラン・ド・ブラン。平均樹齢40年のVV。95%をステンレスタンクで、5%を205リットルと228リットルの樽で発酵後7カ月間熟成。3年間以上ビン熟成。MCRによるドザージュは9g/l。年産3500本のみの限定作品です。

Terroir Blanc - テロワール・ブラン

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。