Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>BOURGOGNE>Dame Jeanne

Dame Jeanne
ダム・ジャンヌ

BOURGOGNE Selection
   

 シャンパーニュRM「マリー・クルタン」(https://www.nouvellesselections.com/winery/detail.php?post_id=1000391)の当主で、シャンパーニュを代表する女性ビオディナミストであるドミニク・モローの娘ジャンヌ・ピオロ(写真)が、シャンパーニュ(オーブ地区)との境界に接するブルゴーニュ(シャブリ・オーセロワ地区)のモレーム村に、2017年に拓いたドメーヌです。(境界を挟んでモレーム村のすぐ反対側はレ・リセ村になります)。
 創業当初より、お母さん譲りのビオディナミを実践。コンポスト(ビオディナミに使用する堆肥)も、お母さんのものを共用しています。
 「私は、美味しいものを食べること、大自然と触れ合うこと、そして写真、の3つに情熱を持っています。なので、心から喜んで、母と同じ道を歩むことに決めました」。
 ご紹介する「プレミス」(=始まり)は、お母さんの作品と同様にSO2の使用を極少量に抑えて造られた、シャンパーニュ方式によるスパークリングワインです。24ヶ月間の瓶熟成、手作業による動瓶、ノンドゼでのデゴルジュマンを経て、2020年10月に、全世界に向けて初リリースされました。
 「この村に特有の赤土がふかふかの畑で、夕方にぶどうの葉がゆっくりと風にそよぐ情景を想像してもらえるような、繊細なワインを造りたいと思います。それはキラキラとした装飾や豪華な衣装を身にまとわない、ピュアなワインです。お友達や家族との美味しい食事に、笑顔と幸福感を運んでくれるワインです」。

TECHNICAL NOTES

所在村
Molesme
醸造家
Jeanne Piollot
所有畑面積
2.33ha
ドメーヌ継承年
2017年
栽培における特記事項
創業時よりお母さん譲りのビオディナミを実践。コンポスト(堆肥)も「シャンパーニュ・マリー・クルタン」と共用。認証取得は検討中
醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。動瓶は手作業。収穫直後にのみ極少量のSO2を使用
販売先
輸出80%(EU各国、イギリス、ノルウェー、アメリカ)、フランス国内20%(ワインショップ、レストラン、個人のワイン愛好家)
掲載実績のある海外メディア
販売を開始したばかりでこれからです

PRODUCTS

Prémices
プレミス

Vin Effervescent。シャンパーニュ方式によるスパークリング白ワインです。ピノ・ノワール100%。1.5ha。赤色泥灰土壌。平均樹齢25年。20hl/haの低収量。除梗しない。エナメル製タンクで醸造。24ヶ月間以上ビン熟成。ドザージュはゼロ(表記はExtra-Brut)。収穫直後にのみ極少量のSO2を使用。作品名の「プレミス」は「始まり」の意味です。

Prémices - プレミス

Prémices Roses
プレミス・ローズ

Vin Effervescent。シャンパーニュ方式によるスパークリング・ロゼワインです。ピノ・ノワール100%。1.5ha。赤色泥灰土壌。平均樹齢25年。20hl/haの低収量。除梗100%。セニエ法。エナメル製タンクで醸造。24ヶ月間以上ビン熟成。ドザージュはゼロ(表記はExtra-Brut)。収穫直後にのみ極少量のSO2を使用。作品名の「プレミス・ローズ」は「バラ色の始まり」の意味です。

Prémices Roses - プレミス・ローズ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。