Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>BOURGOGNE>Zito

Zito
ジト

BOURGOGNE Selection
   

 ベルナール・ジトは、ボーヌ市の栽培・醸造学校「CEPPA」の先生として数多の醸造家を育てた後、「ボワセ・グループ」の栽培長として、金字塔「ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレー」のビオディナミ転換の指揮を採りました。2008年にビオロジック栽培とビオディナミに特化したコンサルタントとして独立し、以降現在に至るまで、ヴォーヌ・ロマネの「ヴィコント・リジェ・ベレール」や「アルヌー・ラショー」、「クロ・ド・タール」といった錚々たる生産者の栽培を指導しています。
 2010年、自然派ブルゴーニュワイン特化型メゾン「ジト」を設立。以降、フェルマージュによる自家栽培(ビオディナミ)の他、関わりの深い秀逸なヴィニュロンに指導栽培(ビオロジック)してもらったぶどうから、著しく完成度の高いワインを造り出しています。
 「多くの生産者、多くのワインに関わってきましたが、最後は私のワイン人生の集大成として、私自身の手で、私が本当に飲みたいと思うワインを造ります」。
 その作品は、エレガントにして濃密。上質なシルクのように滑らかな口当たりと、永遠に続くかと思われるような長く、深い余韻を特徴とします。

 余談になりますが奥様のエピソードを。
 ベルナールは「CEPPA」の先生時代に、校長先生の娘さんでもあった同僚のフローレンスさんと職場結婚しました。奥様がサン・ニコラ・レ・シトー村に所有していた小さなアパートに、当時同校で机を並べて学んでいた仲田さんご夫妻が住んでおりました。(小麦粉、キャベツ、トマトピューレだけで1ヶ月間しのいだ等、数々の武勇伝が残る伝説の時代・・・。この間、フローレンスさんの義兄である「オスピス・ド・ニュイ」の大醸造長、ジャン・マルク・モロンに個人的に手ほどきを受ける僥倖にも恵まれました)。
 公私ともに「ルー・デュモン」の設立を支え応援してくれた、マダム・フローレンス・ジト。現在はサン・ニコラ・レ・シトー村の村長さんとして活躍されています。

TECHNICAL NOTES

所在村
Saint-Nicolas-lès-Cîteaux
醸造家
Bernard Zito
ドメーヌ継承年
2010年
栽培における特記事項
フェルマージュによる自家栽培はビオディナミ、購入するぶどうはビオロジック栽培
醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。赤の除梗率は作品によって異なる。赤は無清澄、ノンフィルターでビン詰め
販売先
輸出60%(EU各国、アメリカ、カナダ、シンガポール、台湾等)、フランス国内40%(「ポール・ボキューズ」「メール・ブラジエ」「ル・ヌヴィエーム・アール」等高級レストラン中心)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「Bourgogne Aujourd'hui」等

PRODUCTS

Bourgogne Rouge La Bussière
ブルゴーニュ ルージュ ラ・ビュシエール

クレッセ村のACブルゴーニュ区画「ラ・ビュシエール」からのピノ・ノワールをぶどうで購入して自家醸造。ビオロジック栽培。平均樹齢60年のVV。収量40ha/ha。除梗率70%。ステンレスタンクでアルコール発酵後、40%をそのままステンレスタンクで、60%を樽でマロラクティック発酵&12ヶ月間熟成(新樽率10%)。

Bourgogne Rouge La Bussière - ブルゴーニュ ルージュ ラ・ビュシエール

Vosne-Romanée Les Vigneux
ヴォーヌ・ロマネ レ・ヴィニュー

フェルマージュによる自家栽培。ビオディナミ。0.2ha。平均樹齢50年のVV。収量25ha/ha。除梗率70%。ステンレスタンクでアルコール発酵後、1~3回使用樽でマロラクティック発酵&16ヶ月間熟成。

Vosne-Romanée Les Vigneux  - ヴォーヌ・ロマネ レ・ヴィニュー

Chorey-lès-Beaune Rouge Plantes des Plantes
ショレイ・レ・ボーヌ ルージュ プランド・デ・プラント

ぶどうで購入して自家醸造。ビオロジック栽培。平均樹齢90年の超VV。収量25ha/ha。除梗率60%。ステンレスタンクでアルコール発酵後、40%をそのままステンレスタンクで、60%を樽でマロラクティック発酵&16ヶ月間熟成(新樽率15%)。

Chorey-lès-Beaune Rouge Plantes des Plantes - ショレイ・レ・ボーヌ ルージュ プランド・デ・プラント

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。