Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>BOURGOGNE>Eléonore Moreau

Eléonore Moreau
エレオノール・モロー

BOURGOGNE Selection

 シャブリ地区南東部、ポワリー・シュル・スラン村に長く続く農業家の家系で、1982年にローラン・モローがぶどう畑を拓きました。2011年に娘のエレオノールが参画。5年後の2016年にドメーヌを継承し、本格的に自社ビン詰めを開始しました。
 もともと環境に対して高い意識を持っていた彼女は、2011年の参画と同時に、お父さんの時代のリュット・レゾネ栽培から、完全ビオロジック栽培に切り替えました。
 「化学肥料や農薬を使わないことで、ぶどう樹、土壌、土中の生態系、そして畑で働く私たちすべてにとって、持続可能なぶどう栽培が可能になります。根は地下深く伸び、ポルトランディアン、キンメッリジアンといったシャブリ地区が誇る石灰質土壌から、ミネラルをたっぷりと吸い上げてくれます。シャブリ地区は早霜や雹害も多く、ビオロジック栽培を実践する生産者は他の産地と比べて少ないのですが、私はいつまでもその一人であり続けたいと思います」。
 醸造設備の刷新や、彼女自身が気に入るまで時間をかけて創り上げた新しいパッケージの完成を経て、2020年からようやく輸出にも目を向けられるようになりました。2021年にはプルミエ・クリュの初リリースも予定しております。
 大地の深き恵みに溢れる彼女の作品には、他のシャブリとは一線を画すようなみずみずしさがあり、体の細胞のひとつひとつに染み入るような「癒し」を感じることができます。

TECHNICAL NOTES

所在村
Poilly-sur-Serein
醸造家
Eléonore Moreau
所有畑面積
14ha
ドメーヌ継承年
2016年
栽培における特記事項
2011年よりビオロジック栽培。2021年に「エコセール」の認証取得予定。
醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクによる清潔な醸造。一部500リットルの樽を使用
販売先
フランス国内(レストラン、ワインショップ)がほとんど。アメリカと日本を皮切りに輸出開始中
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「La Revue du Vin de France」

PRODUCTS

Petit Chablis
プティ・シャブリ

ポワリー・シュル・スラン村のリウ・ディ「ヴォールナール」「ヴォードレール」「ボールガール・ノール」「ジャック・ネサン」より。合計で5.89ha。平均樹齢約20年。ポルトランディアン(石灰質)土壌。ステンレスタンクで発酵後、10ヶ月間熟成。

Petit Chablis - プティ・シャブリ

Chablis
シャブリ

ポワリー・シュル・スラン村のリウ・ディ「ヴォーコルム」「ボールガール」「ヴァレ・ド・グルタルモンより。合計で8.31ha。平均樹齢約30年。キンメリッジアン(石灰質)土壌。ステンレスタンクで発酵後、90%をステンレスタンクで、10%を500リットルの樽で12ヶ月間熟成。

Chablis - シャブリ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。