Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>ALSACE>Terres d'étoiles (Christophe Mittnacht)

Terres d'étoiles (Christophe Mittnacht)
テール・デトワール(クリストフ・ミットナット)

ALSACE Selection

 コルマールより北に10km、ユナウィール村に1930年頃創業したドメーヌで、1995年に3代目となるマルクとクリストフの従兄弟コンビが継承しました。
 早1998年にはビオロジック栽培を開始し、翌1999年よりビオディナミに転換、2013年に「demeter」の認証を取得しています。
2002年、赤坂のフランス料理店でスー・シェフを務めていた由佳さんがクリストフと結婚。以降、マダムとしてドメーヌを切り盛りしながら、アルザスと日本の懸け橋として活躍しています。
 「ビオディナミにしてから、鹿やイノシシが畑に入ってくるようになりました。それと、畑に野生のチューリップが咲いたり、野いちごが実るようになったんですよ」。
 「アルザスはぶどう品種のバラエティが豊かで、和食はもちろん、多種多様なお料理に合わせることができます。そのマリアージュの楽しさ、そして美味しさを、ひとりでも多くの方に知っていただければと思います」(由佳・ミットナット)。

 2019年8月、従兄弟は別々の道を歩むことになり、クリストフと由佳さん夫妻によって、新ドメーヌ「テール・デトワール(「星々きらめく土地」)が設立されました。仲良く半分ずつに分けられた畑より、惑星をイメージした新ラベルにて、新生ミットナットが始動します。(尚「キュヴェ・ギョタク」のラベルデザイン及び生産・販売権は、「テール・デトワール」のみに承継されております)。

TECHNICAL NOTES

所在村
Hunawihr
醸造家
Christophe Mittnacht
所有畑面積
11ha
ドメーヌ継承年
1995年→2019年
栽培における特記事項
1998年にビオロジック栽培開始(2002年に「ECOCERT」認証取得)、1999年にビオディナミ開始(2013年に「demeter」認証取得)
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。赤は100%除梗し、白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。アルザスの伝統的なフードル(15~40hlの大樽)及びステンレスタンク(5~46hl)で醸造
販売先
輸出65%(EU各国、アメリカ、ロシア)、フランス国内35%(パリ、ノルマンディー、ブルターニュ等フランス北部のレストランや、地元アルザスのワインショップなど)
掲載実績のある海外メディア
「Gault & Millau」、「Guide Solar」、「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Cuvée KIRAKU
キュヴェ・キラク

Crémant d'Alsace Extra Brut。自家醸造のクレマンです。地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より、ピノ・オーセロワ50%、ピノ・ブラン25%、リースリング15%、シャルドネ10%のブレンド。粘土石灰質土壌。平均樹齢25年。収穫量は約60hl/ha。ステンレスタンクで醸造。シャンパーニュ方式。常に単一のヴィンテージで造られ、2年間以上ビン熟成。ドザージュは約5g/l。白桃、りんご、洋ナシを思わせる香り。きめ細かい泡が口の中ではじけます。すっきりした辛口でありながら、完熟された葡萄のほのかな甘みとまろやかさを堪能できます。★由佳さんオススメお料理: 食前酒、食後酒として。赤い果実のサラダ(苺、フランボワーズ)。シャーベットなどに注いで素敵なデザートに。<バックラベルのコメント>「キュヴェ名のKIRAKUには、私たちの2つの願いを込めました。1つは、ワインを難しく考え過ぎずに、“気楽”に楽しんで頂きたいという願い。もう1つは“喜楽”-お祝い事や記念日に、大切な方々と喜びを分かち合いながら、皆様で楽しんで頂きたいという願いです。世界が喜びと楽しさに満ちあふれたものになりますように。由佳&クリスフトフ・ミットナット」。

Cuvée KIRAKU - キュヴェ・キラク

Cuvée GYOTAKU
キュヴェ・ギョタク

「お寿司に本当に合うワインは何か?」 赤坂のレストランで長年シェフを務めていた由佳さんは、夫クリストフとともに長年このテーマに取り組んできました。「一口にお寿司に合うと言っても、お魚だけではなく、酢飯、わさび、しょうゆ、ガリとも合わなくてはなりません」。研究を重ねた夫婦が辿り着いたひとつの結論は、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブランの5品種のブレンドでした。「ブレンド比率は企業秘密です(笑)。ヴィンテージによって比率も変わります」。地元ユナウィールとリボーヴィレの畑から。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。収量は約50hl/ha。フードルで醸造。尚、このワインは、アルザスの伝統的呼称における、いわゆる「gentil (ジャンティ)」(50%以上貴品種を使用したブレンドワイン)です。

Cuvée GYOTAKU - キュヴェ・ギョタク

Riesling
リースリング

地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。収量は約60hl/ha。ステンレスタンクで醸造。白色や黄色の花や蜂蜜の香り・・・・完熟したリースリングの証拠です。辛口。グレープフルーツ、レモン、ミカンといった柑橘系の果物を思わせる爽快な風味。たっぷりとした酸とミネラルが、長い余韻へと導きます。★由佳さんオススメお料理: 海の幸、海・川魚(刺身、寿司、蒸し煮、塩焼き、網焼き)、エスカルゴ、鶏のグリル、フレッシュチーズ(山羊)

Riesling  - リースリング

Muscat
ミュスカ

地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より、ミュスカ・ダルザスとミュスカ・オトネルのブレンド。粘土石灰質土壌。平均樹齢20年。収量は約50hl/ha。ステンレスタンクで醸造。すっきりとした辛口で、ミュスカのぶどうの風味そのものです!フレッシュアーモンドや春の花などを思わせる繊細な香り。爽やかな酸が、喉と心の渇きを癒してくれます。★由佳さんオススメお料理: 鮎の塩焼きなど川魚、鶏など白身の肉料理、スモーク系の料理、アスパラ料理、山羊のチーズ

Muscat - ミュスカ

Pinot Gris
ピノ・グリ

地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より。粘土石灰質土壌。平均樹齢25年。収量は約55hl/ha。フードルで醸造。残糖6.4g/lの辛口。白桃や洋ナシを思わせる香り。いちじくやドライフルーツを思わせる濃密な味わい。料理との相性がとても興味深い、食通な方におすすめのワインです。★由佳さんオススメお料理: 肉系のパテ、キッシュ、ソース物の魚料理、豚、仔牛のロースト、インド料理(カレー)、モロッコ料理(クスクス、タジ-ヌ)、中華料理、チーズをベースにした料理、スパイスを利かせた料理、チーズ(コンテ、ボーフォー)

Pinot Gris  - ピノ・グリ

Pinot Noir
ピノ・ノワール

地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より。小石混じりの粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。収量は約50hl/ha。ステンレスタンクで発酵後、ステンレスタンクで5ヶ月間、228リットルの小樽で4ヶ月間熟成。チャーミングで上品な赤色果実の香り。しなやかな口当たりながらコクがあり、アルザスのピノ・ノワールに特有の心地よい酸味を感じます。「あまり冷やさずに召し上がってみてください」(由佳さん)。★由佳さんオススメお料理: 鳥系のジビエ料理、バーベキュー(ハム、ソーセージなど)、キッシュ、トマトソースのパスタ、軽いチーズ

Pinot Noir - ピノ・ノワール

Gewurztraminer
ゲヴュルツトラミネール

地元ユナウィールとリボーヴィレの畑より。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。収量は約55hl/ha。フードルで醸造。残糖14.3g/lの辛口~半甘口。ロゼ色の小粒なぶどうは、陽光をとりわけ好みます。バラ、胡椒、完熟したライチを思わせる、濃密な味わい。★由佳さんオススメ料理: 食前酒として。甘酸っぱい料理(酢豚など)、アジアン・オリエンタル料理、辛味のある料理(エビチリなど)、癖のあるチーズ(ブルー、マンステールなど)、フルーツのタルト(プルーン、杏、ミラベル)、ドライフルーツやシナモン、しょうがをベースにしたお菓子(パン・ド・エピス)

Gewurztraminer - ゲヴュルツトラミネール

Grand Cru Rosacker
グラン・クリュ ロサケ

地元ユナウィールのグランクリュ「ロサケ」より、リースリング100%。泥土石灰質土壌。平均樹齢30年。収量は約45hl/ha。フードルで醸造。辛口。「テール・デトワール」の最上位作品です。柑橘系の果物、白色、黄色の花の香り。ミネラル、アカシアの花、蜂蜜のニュアンスをほのかに感じます。新鮮なフルーツの風味が口の中を喜ばせ、力強いコクが底から湧き上がってくるようです。★由佳さんオススメお料理: クリーム系ソースやマスタード系ソースを使った魚、鶏、豚、兎、子牛などの料理、鍋料理(ポン酢、柚子、ゴマだれetc)

Grand Cru Rosacker - グラン・クリュ ロサケ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。