Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>CHAMPAGNE>Paul Launois

Paul Launois
ポール・ローノワ

CHAMPAGNE RM Selection

 ローノワ家は、ル・メニル・シュル・オジェ村に20世紀初頭から続くヴィニュロンの名家です。長らく同村の協同組合に加盟していましたが、2010年に家業を継承した4代目ジュリアン・ローノワは独立を決断。醸造設備の導入が完了した2015年、愛する息子さんの名を冠したRM「ポール・ローノワ」を設立しました。
 グランクリュ・ル・メニル・シュル・オジェに4.8ヘクタールもの畑を所有することが、名家たる所以。大手メゾンにぶどうで売却しているプルミエ・クリュ以下の畑も合わせたその全面積で、お父さんジャン・ピエールの時代、早1980年からリュット・レゾネ栽培を実践し続けています。
 熟成の時を経て2019年にリリースされた記念碑的デビュー作「モノクローム」は、その完成度の高さから、フランス国内はもとより世界各国のインポーターの注目を集め、瞬く間にアロケーションで完売となりました。
 「アイと並んでシャンパーニュの聖地と言われるル・メニル・シュル・オジェのすべての美質を、1本のボトルで表現することを目指しました。そのため私がメニルに所有する11のリウ・ディの中でも、とりわけテロワールに秀でた3つのリウ・ディのシャルドネを厳選して使用しました。あらゆるお料理とのマリアージュを至福にする、豊かなミネラル。上質な酸。ナッツやアーモンドのような香味。これらメニルのブラン・ド・ブランの醍醐味を堪能していただけるよう、ドザージュも1g/lに抑えました」。
 絹のように繊細な泡の星々。味覚で感じられる「美しさ」。「ル・メニル・シュル・オジェ 最新章」のはじまりです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Le Mesnil-sur-Oger
醸造家
Julien Launois
所有畑面積
6.5ha
ドメーヌ継承年
2015年
栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培。化学肥料と殺虫剤は一切使用しない
醸造における特記事項
除梗しない。動瓶は手作業。
販売先
輸出80%(EU各国、アメリカ、ロシア等)、フランス国内20%(レストラン、ワインショップ、個人のシャンパン愛好家)
掲載実績のある海外メディア
「Gault & Millau」、「Terres de vins en France」、「Cru Magazine」、「Winenowhk.com」等

PRODUCTS

Monocrome Grand Cru
モノクローム グラン・クリュ

ル・メニル・シュル・オジェの3つのリウ・ディ(「レ・オー・ダルラン」「レ・オート・ヴォワ」「レ・ジャンプラン」)からのシャルドネ100%。合計2.12ha。白亜(石灰)質土壌。平均樹齢25年。ヴァン・ド・レゼルヴ30%。2~3年間ビン熟成。ステンレスタンクで醸造。ドザージュは1g/l。

Monocrome Grand Cru	 - モノクローム グラン・クリュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。