Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LANGUEDOC>Châteaux des Adouzes

Châteaux des Adouzes
シャトー・デ・ザドゥーズ

LANGUEDOC Selection

 ベジエ市の25km北方、AOPフォジェールのロクスル村に所在するドメーヌで、2018年より、特にロゼワインにおいてラングドック地方のトップと言われる「ドメーヌ・モンローズ」のオリヴィエ・コストの所有となりました。
 ラングドック地方の各産地の中で、とりわけ異彩を放つフォジェール。シェヴェンヌ丘陵に拓かれた畑は標高200~400mと周囲の産地より高く、より冷涼で昼夜の温度差が大きいため、薫り高い、気品あるワインを生むことで知られます。また、この地特有のシスト土壌(ミルフィーユのように重なるスレート状の片岩層)によって根は地中深くに達し、お料理とのマリアージュの鍵となる、豊かな酸とミネラル、スパイシーな香味をワインに残します。
 「このドメーヌを購入する決め手となったのは、42haもの畑一面で輝きを放つ、ヴィエイユ・ヴィーニュです。前オーナーのジャン・クロード・エステーヴから樹齢70年以上と聞いて喜んで購入したのですが、先日、当時の植樹記録が見つかり、実際は90年以上であることが判明しました \(^o^)/」(オリヴィエ・コスト)。
 超ヴィエイユ・ヴィーニュゆえの味わいの「力強さ」、そしてフォジェールならではの「しなやかさ」。一見相反するように見えるこれら2つのワインの醍醐味は、この作品中において両立し、生物界におけるその体現者になぞらえて、「le tigre(虎)」と命名されました。

TECHNICAL NOTES

所在村
Roquessels
醸造家
Olivier Coste
所有畑面積
42ha
ドメーヌ継承年
2018年
栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培。殺虫剤と防腐剤は一切使用しない
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。グルナッシュとシラーは除梗せず、カリニャンは100%除梗
販売先
輸出80%(EU各国、ノルウェー、アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国等)、フランス国内20%(レストランやビストロが多い)
掲載実績のある海外メディア
「La Revue du Vin de France」、「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Le Tigre
ル・ティグル

AOP Faugères。グルナッシュ35%、カリニャン35%、シラー30%。標高200~400mの丘陵斜面に42ha。シスト(片岩)土壌。樹齢90年以上の超VV(現行のバックラベルには、ドメーヌを購入した際に前オーナーから伝えられた70+と記載されていますが、その後当時の植樹記録が見つかり、90年以上であることが判明しました)。収量30hl/ha。グルナッシュとシラーは除梗せず全房で、カリニャンは100%除梗して、品種毎に別々にコンクリート製タンクで醸造。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。

Le Tigre	 - ル・ティグル

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。