Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LANGUEDOC>Domaines Julien & Fils

Domaines Julien & Fils
ドメーヌ・ジュリアン&フィス

LANGUEDOC Selection
OFFICIAL WEB :http://www.chateau-mus.com  

 ベジエ市の15km北、ミュルヴィエル・レ・ベジエ村に所在する「シャトー・ド・ミュス」(写真下)は、そのルーツを紀元前800年まで遡ることができるラングドック地方最古のシャトーのひとつで、1848年に改築が完了して現在の姿になりました。
 2004年、ラングドック地方に複数のドメーヌを所有する「ドメーヌ・ジュリアン&フィス」のジュリアン家の所有となり、同年に家業を継承したヤニック・ジュリアンのもと、AOPラングドックとIGP合計で75ヘクタールの畑の再整備と植え替え、および醸造設備の刷新が行われました。また、直後からリュット・レゾネ栽培を実践し、2019年現在、「テラ・ヴィティス」の認証を申請中です。
 ご紹介する2つの作品は、ロルブ川沿いの丘陵一帯に広がるAOPラングドックの畑から生まれる、このシャトーの看板作品です。メタリック調金色ラベルの「シャトー・ド・ミュス」は、斜面上の区画からのぶどうを使用。同・銀色ラベルの「プティ・ド・ミュス」は、平地の区画のぶどうを使用したセカンドワインで、それぞれのぶどうの特性に応じて、醸造法もきめ細かく使い分けています。
 重厚ボトルの外観から、さぞ濃厚で、どっしりとした味わいのワインかと思いきや、さにあらず。
 「この地の比較的冷涼な気候、そして石灰岩を多分に含む土壌を活かして、上品で繊細なワインを造ることをフィロソフィーとしています。ぜひ、在りし日に当時の主がこのシャトーで楽しんだ美食を、同じワインで追体験しながら、美味しいお料理に合わせてお楽しみください」(ヤニック・ジュリアン)。

TECHNICAL NOTES

所在村
Murviel-les-Béziers
醸造家
Yannick Julien
所有畑面積
75ha
ドメーヌ継承年
2004年
栽培における特記事項
厳格な リュット・レゾネ栽培。2020年に「テラ・ヴィティス」の認証取得予定
醸造における特記事項
「シャトー・ド・ミュス」の収穫はすべて手摘み。除梗しない(全房発酵)。スレンレスタンクと225Lの樽による醸造
販売先
輸出95%(EU各国、アメリカ、カナダ、シンガポール、中国等約15ヵ国)、フランス5%(レストラン、個人のワイン愛好家)
掲載実績のある海外メディア
「La Revue du Vin de France」、「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Château de Mus
シャトー・ド・ミュス

AOC Languedoc。シラー70%、グルナッシュ20%、ムールヴェードル10%。合計30haの畑のうち、丘陵斜面区画からのぶどうを使用。粘土石灰質土壌。平均樹齢15年。収量40hl/ha。ステンレスタンクで発酵後、コンクリート製タンクで12ヶ月間熟成させ、その後225Lの新樽100%で3ヶ月間熟成。

Château de Mus	 - シャトー・ド・ミュス

Petit de Mus
プティ・ド・ミュス

AOP Languedoc。シラー80%、グルナッシュ15%、ムールヴェードル5%。合計30haの畑のうち、平地区画からのぶどうを使用。粘土石灰質・砂利質土壌。平均樹齢15年。収量45hl/ha。ステンレスタンクでアルコール発酵後、225Lの樽(新樽率50%)でマロラクティック発酵&9ヶ月間熟成。

Petit de Mus	 - プティ・ド・ミュス

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。