Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>IGP & VIN DE FRANCE>Domaine de l'Olivette

Domaine de l'Olivette
ドメーヌ・ド・ロリヴェット

IGP & VIN DE FRANCE Selection

 マルセイユから地中海に沿って東に30km、バンドール地区のル・カストレ村に1750年から続くヴィニュロンの名門で、1941年にAOCとなった「バンドール」各ワインのパイオニアの1社として、つとに名高いドメーヌです。
 2005年にドメーヌを継承した10代目(!)ジャン・リュック・デュムティエは、翌2006年から実質ビオロジーの厳格なリュット・レゾネ栽培を開始。2014年にはHVE(Haute Valeur Environnementale)」の最高段階「レベル3」の認証を取得し、環境に優しいワイン造りを実践しています。
 ご紹介する作品は、所有するわずか3ヘクタールのIGPの畑からのもので、(彼のフラッグシップである本格的なバンドールのロゼと比べて)、「より気軽にロゼを楽しんでいただきたい」という思いから生まれた、爽快な辛口ロゼワインです。「ロゼワインが、多様な魚介類に広く合うということを知っていただきたい」と願うジャン・リュックは、エビ(オマール)、カニ(ヨーロッパイチョウガニ)、魚(カサゴ)の、3種類の印象的なエチケットを用意しました。
 「醸造は、気軽に行ってはいません(笑)。低位アペラシオンであるほど美味しいワインを造るのは難しく、醸造家の力量が問われます。ある意味バンドール以上に細かく神経を使いながら仕込みました」(ジャン・リュック)。
 地中海沿岸のレストランやビストロで広く楽しまれている、「私たちの海」。「10~12度くらいでお楽しみください」(ジャン・リュック)。

TECHNICAL NOTES

所在村
Le Castellet
醸造家
Jean-Luc Dumoutier
所有畑面積
55ha
ドメーヌ継承年
2005年
栽培における特記事項
実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は原則として一切使用しない。2014年に「HVE level3(最高段階)」の認証取得
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。除梗100%。ステンレスタンクによる清潔な醸造
販売先
フランス国内90%(地元地中海沿岸のレストランやビストロが多い。個人のワイン愛好家)、輸出10%(EU各国、アメリカ、カナダ)
掲載実績のある海外メディア
「La Revue du Vin de France」、「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Mare Nostrum Rosé
マーレ・ノストラム ロゼ

<右掲の通りラベルデザインは3ターンあります。中身は同じワインです>IGP Méditerranée。グルナッシュ45%、サンソー35%、ムールヴェードル20%のブレンド。直接圧搾法による辛口ロゼワインです。3ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢20年。ステンレスタンクで醸造。作品名「Mare Nostrum」はラテン語で「私たちの海」の意。ラベルに描かれた魚介類は、エビ(オマール)、カニ(ヨーロッパイチョウガニ)、魚(カサゴ)です。

Mare Nostrum Rosé	 - マーレ・ノストラム ロゼ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。