Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>CHAMPAGNE>Stephane Regnault

Stephane Regnault
ステファンヌ・ルニョー

CHAMPAGNE RM Selection
   

 ルニョー家は、ル・メニル・シュル・オジェ村に1920年代から続くヴィニュロンの名家です。1975年以降は同村の協同組合に加盟してきましたが、2011年に畑を継承した2代目ステファンヌは独立を決意。2014年に組合を脱退し、自身のRM「ステファンヌ・ルニョー」を設立しました。
 ル・メニル・シュル・オジェとオジェに半分ずつ、合計4.14ヘクタールのグラン・クリュ畑を所有しており、2012年以降、その全面積でビオロジー栽培およびビオディナミを実践しています。
 初年度の2014年は、1.5ヘクタール相当の畑から3つのキュヴェを仕込みました。2つがオジェの(別々の)単一リウ・ディもの、1つがル・メニル・シュル・オジェの単一リウ・ディもので、2018年秋に発売を開始した「モード・リディアン ニュメロ・キャトルズ グラン・クリュ」を皮切りに、毎年1キュヴェずつリリースされる予定になっています。
 「コート・デ・ブランのシャルドネは、樽発酵・樽熟成と相性が良い」と考えるステファンヌは、複数の樽メーカー(フランソワ社、ルソー社等7社)、異なる容量(225リットル、228リットル、600リットル、1300リットル)の樽を使い分け、数学者のような緻密さで、「解」を導き出そうとしています。しかしながら、「樽発酵・樽熟成させればいいというものではありません」。彼は、かようにこだわっている樽醸造分をあえて部分化して全体最適を設計することで、一般に樽醸造を売りにしている新世代の醸造家が不得手とされる「料理との相性」をも極めようとしています。
 官能性を希求する姿勢のバックグラウンドには、彼が情熱を傾けてきたモード・ジャズ(サクソフォーン)の演奏体験があります。「2016年に3つのキュヴェのアサンブラージュを行った際、それぞれの味わいのスタイルを奏でるモードが、頭の中に自然に流れてきました。これはリディアン、こっちはミクソリディアン、これはドリアンだな、という風に」。
 シャンパーニュの聖地ル・メニル・シュル・オジェに誕生した、夢のようなRM。デビュー作から、凄まじい完成度です。

TECHNICAL NOTES

所在村
le Mesnil-sur-Oger
醸造家
Stephane Regnault
所有畑面積
4.14ha
ドメーヌ継承年
2011年
栽培における特記事項
2012年にビオロジー栽培およびビオディナミ開始。2020年に「Ecocert」の認証取得予定。将来的に「demeter」の認証も取得予定
醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクと樽による醸造。ドザージュはMCR(濃縮果汁)を使用
販売先
2018年秋に発売を開始したばかり(イタリア、アメリカ、日本)
掲載実績のある海外メディア
これからです

PRODUCTS

Mode Lydien N°14 Grand Cru
モード・リディアン ニュメロ・キャトルズ グラン・クリュ

グランクリュ・オジェのリウ・ディ「ル・シュマン・ド・フラヴィニー」より、シャルドネ50%、シャルドネ・ミュスカテ50%。0.45ha。白亜(石灰)質土壌。平均樹齢30年。現在販売中のものは、2014年産100%。70%をステンレスタンクで、30%をブルゴーニュ製228リットルの樽で発酵後、8ヶ月間熟成。3年間以上ビン熟成。ドザージュ1g/lのExtra Brut。年産1600本の限定生産作品です。

Mode Lydien N°14 Grand Cru	 - モード・リディアン ニュメロ・キャトルズ グラン・クリュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。