Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>IGP & VIN DE FRANCE>Les Domaines Auriol

Les Domaines Auriol
レ・ドメーヌ・オーリオル

IGP & VIN DE FRANCE Selection

 地中海沿岸、ラングドック地方のレジニャン・コルビエール村にて1940年代よりぶどう栽培をはじめたヴィアラード家は、加盟していた協同組合から1998年に独立して自社ビン詰めを開始しました。2000年に3代目のクロード・ヴィアラード女史が継承し、メゾン「レ・ドメーヌ・オーリオル」を設立。以降、「ぶどう畑とワインが好きで好きでたまらない」という彼女の情熱と献身によって、大きな発展を遂げることになりました。
 今日このメゾンは、認証を受けたビオロジーおよびビオディナミの畑を含む73ヘクタールの自社畑を所有する他、70栽培農家合計1500ヘクタールにおよぶ契約栽培畑を擁します。ISO9001(品質マネージメント規格)を取得した最新鋭醸造設備より生まれるそのワインは、フランスの多数のレストランやワインショップで販売されている他、輸出先も40ヵ国を数え、ラングドックを代表するメゾンのひとつとして世界中から注目される存在になっています。
 ご紹介する「キャッチ&リリース」は、スウェーデン最大の釣具店「ハントヤード&バラス」との特別コラボレーション作品として誕生したブランドです。
 「ジェール県西端、ピレネー山脈麓のオーズ村の畑で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。「ブルベーヌ」と呼ばれるこの地特有の砂質粘土質土壌は、ロワールのサンセールなどと並んで、フランスで最も薫り高いソーヴィニヨン・ブランを生む土壌とされています」(クロード・ヴィアラード)。
 ラベルに描かれた3種の魚(サーモン、パイク(カワカマス)、パーチ(スズキの一種))は北欧で最も親しまれている魚で、このワインが、あらゆる種類の魚料理に合わせることができる万能の白であることを表現しています。

TECHNICAL NOTES

所在村
Lézignan Corbières
醸造家
Claude Vialade
所有畑面積
74ha
ドメーヌ継承年
2000年
栽培における特記事項
(Catch & Release)リュット・レゾネ栽培を実践する契約加盟栽培農家の畑より
醸造における特記事項
(Catch & Release)除梗しない。ISO9001(品質マネージメント規格)を取得した最新鋭醸造設備による清潔な醸造
販売先
輸出90%(40ヵ国)、フランス国内10%(レストラン、ワインショップ)
掲載実績のある海外メディア
「Gilbert & Gaillard」、「Guide Hachette」、「La Revue du Vin de France」等多数

PRODUCTS

Catch & Release
キャッチ&リリース

Vin de France。ソーヴィニヨン・ブラン100%。ジェール県西端、ピレネー山脈麓のオーズ村の畑より。「ブルベーヌ」と呼ばれるこの地特有の砂質粘土質土壌。55ha。平均樹齢20年。ステンレスタンクで醸造後、10ヶ月間熟成。2018年度「ジルベール&ガイヤール」金賞受賞。

Catch & Release	 - キャッチ&リリース

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。