Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LOIRE>Bertrand & Vincent Marchesseau

Bertrand & Vincent Marchesseau
ベルトラン&ヴァンサン・マルシュソー

LOIRE Selection

 マルシュソー家はブルグイユ村に1930年より続くぶどう栽培家で、1965年に自社ビン詰めを開始、2001年に、3代目となるベルトラン(写真左)とヴァンサン(写真右)の兄弟が継承しました。ブルグイユとサン・ニコラ・ド・ブルグイユおよびシノンに合計22ヘクタールの畑を所有しており、2012年以降、その全面積でビオロジー栽培を実践しています。
 「多様な料理とのマリアージュを楽しめる、ピュアで繊細なワイン造りをフィロソフィーとしています。ブルグイユの畑は、大きく「ラ・ヴァレ」「ラ・テラス」「レ・コトー」の3つに分類できますが、僕たちの畑は、最も華やかで上品なワインを生む「ラ・テラス」にあります。シノンの畑は、ヴィエンヌ川右岸のサヴィニー・アン・ヴェロンにあり、砂質土壌から、ピュアで洗練されたワインが生まれます。ビオロジー栽培を開始してから、口当たりはより繊細になり、果実味はよりピュアで美しく、余韻はより深く、長くなりました」。
 彼らのワインは、地元ロワールやパリの数百軒におよぶレストランやビストロで楽しまれており、彼らもそのことを誇りに思っています。
 「毎年多くのシェフやソムリエがドメーヌを訪れてくれます。彼らが話してくれる、新しいマリアージュの発見や、お店で僕たちのワインを飲んでくれたお客様の感想などが、大きな励みになっています。また、ワインラヴァーがSNSで僕たちのワインをお勧めしてくれることも多くなりました。僕たち造り手にとっては、飲み手の生の声がすべてですので、特定のテイスターの評論である伝統的なワイン雑誌やガイドには出品しないことにしています。いつかぜひ日本を訪れ、日本のワインラヴァーの皆さんと一緒に、和食とのマリアージュを体験してみたいです!」(以上ヴァンサン・マルシュソー)。

TECHNICAL NOTES

所在村
Bourgueil
醸造家
Bertrand & Vincent Marchesseau
所有畑面積
22ha
ドメーヌ継承年
2001年
栽培における特記事項
2012年からビオロジー栽培(2015年ECOCERT認証取得)
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。除梗100%。天然酵母のみで発酵。無清澄
販売先
フランス国内98%(パリやロワールの数百軒のレストラン、ワインショップ)、輸出2%(EU各国)
掲載実績のある海外メディア
雑誌やガイド等には出品しない

PRODUCTS

Bourgueil Poids plume
ブルグイユ ポワ・プリュム

カベルネ・フラン100%。5ha。テュフォー(白亜(石灰岩)質)基盤の砂礫質・砂質土壌。平均樹齢30年。コンクリートタンクとステンレスタンクで発酵後、6ヶ月間熟成。作品名「ポワ・プリュム」は「羽の重さ」という意味で、このワインの口当たりが軽やかで、繊細な味わいであることを表現したものです。

Bourgueil Poids plume - ブルグイユ ポワ・プリュム

Chinon Rouge
シノン ルージュ

カベルネ・フラン100%。サヴィニー・アン・ヴェロン村に4ha。砂質土壌。平均樹齢20年。コンクリートタンクとステンレスタンクで発酵後、6ヶ月間熟成。ラベルの電球は、フランス人が良いアイデアを思いついた時によく使うアイコンで、「ぜひいろいろなお料理と合わせていただき、新しいマリアージュを発見して楽しんでいただきたい」というマルシュソー兄弟の思いが込められています。

Chinon Rouge - シノン ルージュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。