Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>CHAMPAGNE>Sebastien Daviaux

Sebastien Daviaux
セバスチャン・ダヴィオー

CHAMPAGNE RM Selection

 シャンパーニュの17のグラン・クリュ村のひとつ、シュイィ村に1900年頃より続くぶどう栽培家で、1960年に現容のRMとなりました。以来、大手メゾンへのぶどう販売を中心に細々と自社ビン詰めを行っていましたが、2004年、意欲と才気に溢れる4代目セバスチャン・ダヴィオーの参画によって、新しいステージへ移ることになりました。
 参画初年度から実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培を実践して畑の再生を成し遂げた彼が、次にこだわったのはプレス機でした。「ワインの醸造で最も重要な工程はプレシュラージュです」という彼は、ジャン・マルク・セレックも導入して話題となったコカール社製の最新式冷却機能付き重力式プレス機を導入。「果汁の温度を常に摂氏5度に保つことができるので、プレス中の発酵開始を阻止するためのSO2の添加が不要になりました。また、冷えたまま発酵タンクに入れることで、発酵を理想的にコントロールできるようになりました。このプレス機の使用は品質の証であり、僕の新しいラベルにもデザインしました」。
 フィロソフィーは、ずばり「本物のブラン・ド・ブランを造ること」。
「他のコート・デ・ブランの村々と比べて、シュイィはミネラルの深みにおいて、クラマンは良質の酸において秀でています。平均樹齢50年のヴィエイユ・ヴィーニュが、それらの美質をさらに顕在化します。そして、最低4年間ビン熟成させることが僕の流儀です。今後は、一部小樽による発酵も行っていく予定です」(セバスチャン・ダヴィオー)。
 2013年に正式にメゾンを継承したセバスチャンは、パッケージを一新し、栽培・醸造の仕事の合間に少しずつ販売活動をはじめています。しかし早くも、「Gault & Millau Guide Champanges」をはじめとする錚々たる現地ワインメディアの注目が集まっており、新たなるスターの誕生を予感させます。

TECHNICAL NOTES

所在村
Chouilly
醸造家
Sebastien Daviaux
所有畑面積
5ha
ドメーヌ継承年
2013年
栽培における特記事項
実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない
醸造における特記事項
除梗しない。コカール社の最新式冷却機能付き重力式プレス機を使用(http://www.coquardpresses.com/fr/nos-produits/pressoir-a-plateau-incline-pai)。マロラクティック発酵を行う。
販売先
フランス国内80%(レストラン、ワインショップ、個人のシャンパン愛好家)、輸出20%(EU各国)
掲載実績のある海外メディア
「Gilbert & Gaillard」、「Guide Hachette」、「Dussert-Gerber」等

PRODUCTS

Brut Blanc de Blancs Grand Cru
ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ

グランクリュ・シュイィ産のシャルドネ80%、グランクリュ・クラマン産のシャルドネ20%。平均樹齢50年のVV。現在販売中のものは、2013年産が50%、2011年産と2012年産が50%のブレンド(4年間ビン熟成)。ドザージュは8g/l。

Brut Blanc de Blancs Grand Cru	 - ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。