Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LOIRE>Guillerault-Fargette

Guillerault-Fargette
ギユロー・ファルジェット

LOIRE Selection

 「ジル・ギユローのワインは、エレガンスの極みである」(「ベタンヌ&ドゥソーヴ 2018」)

 クレザンシー・アン・サンセール村にて16世紀からぶどう栽培を営む名門で、終戦直後の1945年にドメーヌを設立して自家醸造を開始しました。2006年、3代目ジル・ギユローと義弟のセバスチャン・ファルジェットが継承。以降、栽培・醸造両面における不断の改革によってワインの品質を高め続け、国際的な名声を不動のものにしています。
 ジル・ギユローは、2014年~2017年まで「サンセール栽培組合長」を務めた、信望の人。多くの人に愛される彼のワインの品格は、多くのヴィニュロンに慕われる彼の人格の写し鏡です。
「私たちの「サンセール レ・パンセイヨ」は、この地が誇る「カイヨット」(石灰岩)土壌の畑と「テール・ブランシュ」(粘土石灰質)土壌の畑からのソーヴィニヨンを、半分ずつブレンドしたものです。前者からは花束のような芳香が、後者からは濃密なコクとボディが得られます。サンセールの醍醐味を、一本で味わっていただけると思います」(ジル・ギユロー)。
 尚、ラベルの絵は、このドメーヌの常連のお客さんご夫婦の息子さんで、当時6歳だったエミリアン君が、お父さんたちが試飲している間に紙ナプキンに描いたものです。立派な額に入ってレセプションルームに飾られたこの絵は、友愛や優しさに溢れるこの生産者の象徴であるように思えて、日本のために特別にリクエストしてラベルにしてもらったものです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Crézancy-en-Sancerre
醸造家
Gilles Guillerault
所有畑面積
21ha
ドメーヌ継承年
2006年
栽培における特記事項
実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。除草剤、殺虫剤、防腐剤は原則として一切使用しない
醸造における特記事項
除梗しない。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクを中心とした清潔な醸造。一部「ウフ・ノンブロ」(卵型コンクリート製タンク)を使用
販売先
輸出70%(EU各国、スイス、ノルウェー、アメリカ、カナダ)、フランス国内30%(レストラン、ワインショップ、個人のワイン愛好家)
掲載実績のある海外メディア
「Bettane & Desseauve」、「La Revue du Vin de France」、「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Sancerre Blanc Les Panseillots
サンセール ブラン レ・パンセイヨ

カイヨット(石灰岩)土壌の15区画合計5haからのソーヴィニヨン50%、テール・ブランシュ(粘土石灰質)土壌の19区画合計5haからのソーヴィニヨン50%のブレンド。平均樹齢約30年。ステンレスタンクで醸造。作品名の「レ・パンセイヨ」は、サンセール地方における「コクリコ」(ひなげし)の愛称で、「2009年に除草剤の使用を完全に止めたら、畑にきれいなひなげしの花が咲きました。あの時の感動を永遠に忘れないために、以降、作品名にしています」。

Sancerre Blanc Les Panseillots  - サンセール ブラン レ・パンセイヨ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。