Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>ALSACE>Henry Fuchs

Henry Fuchs
アンリ・フックス

ALSACE Selection

 コルマール市の北、リボーヴィレ村に1922年から続くドメーヌで、アルザス中部におけるグラン・クリュの雄、「キルシュベルグ・ド・リボーヴィレ」を擁します。
 2006年に父アンリからバトンを譲り受けた4代目ポール・フックスは、2年後の2008年、完全ビオロジー栽培に転換。さらに、収量を大きく制限することで、「完璧なぶどうづくりを目指しています。料理の美味しさの鍵が塩(ミネラル)にあるように、ワインの美味しさの鍵もミネラルにあります。ビオロジー栽培によって土中深くまで伸びた根からミネラルをたっぷりと吸い上げ、収量制限によって一粒一粒にミネラルを凝縮させることが、美味しいワイン造りの本質です」(ポール・フックス)。
 醸造もきめ細かく、アルザスではほとんど見られない、超小型ステンレスタンクの多数基使用によって、区画ごとのテロワールの違いやヴィンテージの個性を、より高い精度でワインに反映させています。
 このような彼のプロ意識と情熱は、フランスを代表するワイン評論家、ミッシェル・ベタンヌの目に留まり、新世代としては異例の高評価をもって賞賛の声を贈っています。
 尚、ラベルのキツネは、ファミリーネームの「fuchs」(=fox)に由来します。上位3作品の印象的なラベルは、それぞれの作品に対するフックス家のイメージをもとに、家族ぐるみの友人でもあるストラスブールの高名な画家、デルフィーヌ・アレが描いた実際の絵画からデザインされたものです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Ribeauvillé
醸造家
Paul Fuchs
所有畑面積
10.5ha
ドメーヌ継承年
2006年
栽培における特記事項
2008年から完全ビオロジー栽培(2011年に「Ecocert」認証取得)
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。除梗をしない。ステンレスタンクとフードルを使用
販売先
フランス国内70%(ミシュラン3つ星「オーベルジュ・ド・リル」「ランスブール」等多数のレストラン、ワインショップ、個人のワイン愛好家)、輸出30%(EU各国、イギリス、カナダ等)
掲載実績のある海外メディア
「Bettane & Desseauve」、「Gault & Millau」、「Guide Hachette」、「La Revue du Vin de France」等

PRODUCTS

Crémant d'Alsace Extra Brut
クレマン・ダルザス エクストラ・ブリュット

ピノ・オーセロワ100%。0.4ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢40年。18ヶ月間のビン熟成。ドザージュは4g/l。果物をそのまま食べているようなリッチな味わいと、スパークリングワインに求められる気品が両立した、完成度の高いクレマンです。

Crémant d'Alsace Extra Brut - クレマン・ダルザス エクストラ・ブリュット

Edelzwicker
エデルツヴィッカー

リースリング40%、ピノ・グリ20%、ピノ・オークセロワ20%、ミュスカ20%のブレンド。粘土シルト質、砂質土壌。平均樹齢40年。ステンレスタンクで9ヶ月間熟成。リースリングの果実味、シルヴァネールの酸、ミュスカの華やかな香りを同時にお楽しみいただける、お買い得なワインです。

Edelzwicker - エデルツヴィッカー

Riesling
リースリング

0.7ha。粘土シルト質土壌。平均樹齢45年。ステンレスタンクで9ヶ月間熟成。グレープフルーツを思わせる爽快な風味が余韻まで続く、洗練されたリースリングです。

Riesling  - リースリング

Pinot Gris
ピノ・グリ

0.5ha。沖積土、粘土シルト質土壌。平均樹齢35年。ステンレスタンクで4ヶ月間熟成後、フードルで5ヶ月間熟成。洋ナシのような風味と、豊かなコクが特徴です。残糖は7.5g/l(辛口)。

Pinot Gris  - ピノ・グリ

Gewurztraminer
ゲヴュルツトラミネール

0.65ha。粘土シルト質土壌。平均樹齢35年。ステンレスタンクで9ヶ月間熟成。バラやライチに例えられるこの品種の特徴を、存分に堪能していただけます。残糖は21g/l。

Gewurztraminer  - ゲヴュルツトラミネール

Riesling Equinoxe
リースリング エキノックス

特別に優良な0.5haの区画より。粘土質土壌。平均樹齢50年。ステンレスタンクで5ヶ月間熟成後、フードルで4ヶ月間熟成。完熟した南国系のフルーツやハチミツを思わせるような、たっぷりとした濃厚な風味をお楽しみいただけます。キュヴェ名の「équinoxe」は、「昼夜平分時」のことで、リースリングが誇る果実味、酸、アルコールの美しいバランスを、(完璧なバランスとしての)昼と夜の平分になぞらえたものです。ラベルデザインに採用された絵画にも、その概念が描かれています(綱渡りをしている人にご注目!)。

Riesling Equinoxe - リースリング エキノックス

Pinot Gris Tzigane
ピノ・グリ チガーヌ

特別に優良な0.8haの高台区画より。小石混じりの粘土質土壌。平均樹齢25年。ステンレスタンクで5ヶ月間熟成後、フードルで4ヶ月間熟成。桃のように濃密なアロマと、真に完成されたピノ・グリのみが醸し出す、スモーキーな風味が心に残ります。残糖は8.5g/l(辛口)。キュヴェ名の「tzigane」は、「ジプシー」(移動型民族)のことで、その昔ハンガリーからもたらされたこの品種が、アルザスにおいても長らく「tokay」と呼ばれていたにもかかわらず、先般のEUワイン法の改正によってアルザスワインにおける「tokay」の使用が禁止された経緯から、この品種が辿った数奇な運命を表したものです。ラベルデザインに採用された絵画は、ワインについて詠われた楽曲が多かった、ハンガリーの伝統音楽の世界をモチーフにしています。

Pinot Gris Tzigane - ピノ・グリ チガーヌ

Gewurztraminer l'Ambroisie
ゲヴュルツトラミネール ランブロワジー

特別に優良な0.7haの区画より。粘土シルト質土壌。平均樹齢45年。ステンレスタンクで5ヶ月間熟成後、フードルで4ヶ月間熟成。この品種に特有のエキゾチックで強烈な風味を、レモンやグレープフルーツの爽やかな香りが優しく包み込んでいます。残糖は31g/l。キュヴェ名の「l’ambroise」は、ギリシャ神話における「神肴(しんこう)」(オリンポスの神々が不老不死の霊薬として飲んでいた薬草茶)のことで、ゲヴュルツトラミネールの複雑極まりないアロマからこの薬草茶が連想されたものです。ラベルに描かれている女性も古代ギリシャ人をイメージしたもので、髪や衣服の赤色は、「情熱」を表しています。

Gewurztraminer l'Ambroisie - ゲヴュルツトラミネール ランブロワジー

Riesling Kirchberg de Ribeauvillé Grand Cru
リースリング キルシュベルグ・ド・リボーヴィレ グラン・クリュ

0.35ha。石の多い泥灰土砂岩質土壌。平均樹齢35年。ステンレスタンクで5ヶ月間熟成。標高350mの冷涼気候下で熟成がゆっくりと進むため、質・量ともに非の打ちどころのない酸を白眉とするグラン・クリュです。

Riesling Kirchberg de Ribeauvillé Grand Cru - リースリング キルシュベルグ・ド・リボーヴィレ グラン・クリュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。