Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LOIRE>Domaine du Moulin Camus

Domaine du Moulin Camus
ドメーヌ・デュ・ムーラン・カミュ

LOIRE Selection
   

 ロワール河最下流、「ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ」の中心村ヴァレットに、1955年に設立されたドメーヌです。2003年に、フランソワ・ブランジェが婿入りして継承しました。
 「このAOCは、花崗岩質とガブロ(斑れい岩)質の土壌が多く、それらがムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)の酸を引き立たせます。しかし私の畑の土壌は、90%がシスト(片岩)と片麻岩質で構成されており、一般的なミュスカデS&Mと比べて酸はまろやかで、むしろミネラルの風味が際立ち、豊かなコクのある酒質になります」(フランソワ・ブランジェ)。
 実質的にビオロジ―栽培を実践するなど、こだわった造りをしている割には価格設定も良心的で、パリを中心に、300軒以上のビストロで魚介類とともにガブ飲みされているというのも分かります。
 「ラベルのデザインを考えるのも大好き」という彼。クラシックなラベルがとりわけ多い(?)ミュスカデとしては、なかなかにスタイリッシュなそのデザインも、パリジャンに人気の秘密のようです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Vallet
醸造家
François Boulanger
所有畑面積
40ha
ドメーヌ継承年
2003年
栽培における特記事項
実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ。除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。除梗しない。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクによる清潔な醸造
販売先
フランス国内90%(300軒以上のビストロやレストラン)、輸出10%(ドイツ、ベルギー、アイルランド、ブラジル)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」

PRODUCTS

Muscadet Sèvre & Maine sur Lie
ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー

ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)100%。ヴァレット村とサン・ジュリアン・ド・コンセール村に合計30ha。シスト(片岩)、片麻岩質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクで醸造後、地下に埋めてあるガラス製タンクで9ヵ月間シュール・リー熟成。

Muscadet Sèvre & Maine sur Lie - ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー

Cabernet Franc de Loire
カベルネ・フラン・ド・ロワール

VDP du Val de Loire。カベルネ・フラン100%。ヴァレット村に3ha。ガブロ(斑れい岩)土壌。樹齢約25年。ステンレスタンクで6ヵ月間熟成。丘陵斜面畑ゆえの水捌けの良さと岩石土壌に由来する、豊かなコクとうまみに満ちたカベルネ・フランで、お肉料理の大親友になってくれます。

Cabernet Franc de Loire - カベルネ・フラン・ド・ロワール

Chardonnay
シャルドネ

IGP de Loire。シャルドネ100%。ヴァレット村とサン・ジュリアン・ド・コンセル村に計3.4ha。片岩・片麻岩・火山岩土壌。樹齢約10年。ステンレスタンクで6ヵ月間熟成。水捌けの良い岩石土壌に由来するたっぷりとした果実味が、口いっぱいに広がります。

Chardonnay - シャルドネ

Clos Perraud Vieilles Vignes
クロ・ペロー ヴィエイユ・ヴィーニュ

Muscadet Sèvre & Maine sur Lie。ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)100%。ボンヌ・フォンテーヌ村の3haのクロ畑より。シスト(片岩)土壌。樹齢は50年以上。ステンレスタンクで醸造後、地下に埋めてあるガラス製タンクで14ヵ月間シュール・リー熟成。

Clos Perraud Vieilles Vignes - クロ・ペロー ヴィエイユ・ヴィーニュ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。