Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>LOIRE>Jonathan Didier Pabiot

Jonathan Didier Pabiot
ジョナタン・ディディエ・パビオ

LOIRE Selection
   

 今日のプイィ・フュメを代表する新世代、ジョナタン・パビオは、フランスのワインガイドの金字塔「Le Guide des Meilleurs Vins de France 2013」に、プイィ・フュメの造り手として掲載された、全5人のうちのひとりです。
 プイィ・シュル・ロワール村近郊のレ・ロッジュ村に5世代続くぶどう栽培家の家系で、1977年にディディエ・パビオがドメーヌを設立。2005年に息子のジョナタンが継承しました。
 研修先だったフォジェールの「レオン・バラル」でビオディナミに出会い、衝撃を受けたという彼は、2006年から、(プレパラシオンの使用など)一部にビオディナミの手法を採り入れた、ビオロジー栽培を開始しました。
 「ここプイィ・フュメには約120人の造り手がいますが、ビオロジー栽培を実践しているのは僕も含めてまだ3人しかいません(2012年現在)。ワインの品質はもちろんですが、子供たちの生活環境のためにも、この地にビオロジー栽培を広めていきたいです。ビオディナミについては、時間ができるとルフレーヴやジャン・ルイ・トラペを訪れ、いろいろ教わっています」(ジョナタン・パビオ)。
 まださほど知名度が高くないにもかかわらず、仏ミシュラン3つ星の「ラルページュ」「ルドワイヤン」「ギー・サヴォワ」、同2つ星「アピシウス」「ル・グラン・ヴェフール」「ル・クリヨン」といったフランスの最高級レストランに続々とオンリストされている彼のプイィ・フュメは、コルクを抜くやいなやボトルから立ち上ってくる、スモーキーなフリンティ香(火打石の香り)が特徴で、だからプイィ・「フュメ」(煙)っていうのか、と思ってしまいそうになるほどです。
 「プイィ・フュメの土壌は多種多様で、土壌によってワインのスタイルは大きく異なります。僕のスタンダード・キュヴェは、キンメリッジアン、シレックス、粘土質、砂礫質といった異なる土壌で栽培したソーヴィニヨン・ブランをすべてブレンドすることで、プイィ・フュメのテロワールを包括的に表現することを目指しています。ビオロジー栽培を始めてから、ミネラルに由来するフリンティ香が、年とともに強くなってきました。これからも、「本物」を造っていきたいです」。
 中央フランスのモトクロスのチャンピョンだったという、多才な彼。今後が本当に楽しみです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Les Loges
醸造家
Didier & Jonathan Pabiot
所有畑面積
18ha
ドメーヌ継承年
2005年
栽培における特記事項
2006年から、一部にビオディナミの手法を採り入れたビオロジー栽培(2010年ECOCERT認証取得)
醸造における特記事項
収穫はすべて手摘み。除梗しない。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクによる清潔な醸造
販売先
フランス国内40%(仏ミシュラン3つ星「ラルページュ」「ルドワイヤン」「ギー・サヴォワ」、2つ星「アピシウス」「ル・グラン・ヴェフール」「ル・クリヨン」等約70軒のレストラン、「マンダリン・オリエンタル」等のホテル、ワインショップ)、輸出60%(EU諸国、イギリス、アメリカ等)
掲載実績のある海外メディア
「La Revue du Vin de France」、「Les Meilleurs Vins de France」、「Cuisine et Vins de France」、「Le Nouvel Observateur」等

PRODUCTS

Pouilly Fumé
プイィ・フュメ

17.8ha。キンメリッジアン、シレックス、粘土質、砂礫質等、多様な土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクで醸造。

Pouilly Fumé - プイィ・フュメ

Pouilly-sur-Loire
プイィ・シュル・ロワール

0.17ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢25年。ステンレスタンクで醸造。年間600~800本しか造られない、超限定生産作品です。

Pouilly-sur-Loire - プイィ・シュル・ロワール

Pouilly Fumé Aubaine
プイィ・フュメ オーベーヌ

トラシィ村の区画「シャン・ド・クリ」より。1ha。小石にびっしりと覆われた畑で、泥灰土石灰質(ポルトランディアン)土壌。平均樹齢35年。コンクリートタンクで醸造。作品名の「Aubaine」は「思わぬ幸運」「授かりもの」の意味で、この素晴らしい区画に巡り合えた喜びを表現したものです。

Pouilly Fumé Aubaine  - プイィ・フュメ オーベーヌ

Pouilly Fumé Prédilection
プイィ・フュメ プレディレクシオン

プイィ・シュル・ロワール村の区画「レ・マルヌ」より。1ha。ロワール川に迫る急斜面上の畑で、泥灰土石灰質(キンメリッジアン)土壌。平均樹齢40年。コンクリートタンクで醸造。作品名の「Prédilection」は「偏愛」「特に好きなもの」の意味で、この畑のテロワールが、ソーヴィニヨン・ブランに極めて適している(ソーヴィニヨン・ブランがこのテロワールを偏愛する)ことを表現したものです。

Pouilly Fumé Prédilection  - プイィ・フュメ プレディレクシオン

Pouilly Fumé Eurythmie
プイィ・フュメ ウーリトミー

上記の「Prédilection」を新樽率30%で12ヶ月間熟成させた、ドメーヌの最上位作品です。作品名の「Eurythmie」は「(しばしば芸術における)均整」の意味で、「バランス」こそがワインにおける最重要概念であることを表現したものです。

Pouilly Fumé Eurythmie - プイィ・フュメ ウーリトミー

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。