Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>VINS DE PAYS (IGP)>Domaine la Colombette

Domaine la Colombette
ドメーヌ・ラ・コロンベット

VINS DE PAYS (IGP) Selection
OFFICIAL WEB :http://www.lacolombette.fr/  

 ドメーヌ・ラ・コロンベットは、1870年、ラングドック地方のベジエ近郊に設立されました。1966年にドメーヌを継承したフランソワ・ピュジベ(写真右)が栽培、醸造両面における改革を行い、品質を大きく向上させました。
 1997年、プロのエノローグとして活躍していた息子のヴァンサン(写真左)がドメーヌに参画するようになってからさらに名声を高め、数多のワインコンクールで受賞し、各国ワインメディアから激賞され、「ジョエル・ロブション」グループのレストランにも採用されるなど、今日、ラングドックを代表するドメーヌのひとつに数えられるようになりました。
 尚、ヴァンサン・ピュジベは、フランスにおけるアルコール中毒患者の増加に対して、造り手として高い問題意識を持ち、2001年に低アルコールワイン「Plume」を発売するなど、今日のラングドック地方における、低アルコールワイン及びノンアルコールワイン開発のリーダーとしても知られています。
 ご紹介するピノ・ノワールとシャルドネは、「Demi-Muid」と呼ばれる600リットルの樽で熟成させた看板作品。冷涼な海風が年中吹き入れる石灰質主体の丘陵斜面畑は、ブルゴーニュ品種の楽園です。
 「南仏だからと言って、濃くないですよ」と笑うヴァンサン。「僕自身が毎日でも飲みたいと思うような、上品でセクシーなワインを造りたいのです」。

TECHNICAL NOTES

所在村
Béziers Hérault
醸造家
François Pugibet、Vincent Pugibet
所有畑面積
120ha
ドメーヌ継承年
1966年
栽培における特記事項
90haが厳格なリュット・レゾネ(化学肥料、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない)、30haがビオロジー(AB認証)
醸造における特記事項
除梗100%。ステンレスタンクを使用した清潔な醸造
販売先
輸出60%(EU諸国、イギリス、アメリカ)、フランス国内40%(ミシュラン3つ星「ジョエル・ロブション」、「オーベルジュ・ド・ヴュー・ピュイ」等高級レストラン、ワインショップ、個人のワイン愛好家)
掲載実績のある海外メディア
「La Revue du Vin de France」、「Guide Hachette」、「Parker's Wine Buyer's Guide」、「Decanter」、「Guide Feminivin」等多数

PRODUCTS

Pinot Noir
ピノ・ノワール

IGP Coteaux du Libron。5ha。平均樹齢30年。ラベルにも記載されている「Demi-Muid」と呼ばれるアリエ産600リットルの樽(新樽率5%)で、12ヵ月間熟成。ガラス製コルクです。

Pinot Noir - ピノ・ノワール

Chardonnay
シャルドネ

現在一時的に「Pinot Noir」のラベルを掲載しておりますが、デザインは同じです。

IGP Coteaux du Libron。8ha。平均樹齢25年。ラベルにも記載されている「Demi-Muid」と呼ばれるアリエ産600リットルの樽(1回使用樽100%)で、12ヵ月間熟成。ガラス製コルクです。

Chardonnay - シャルドネ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。